企業情報

ごあいさつ

地場産業を率いて“新しい経営”を目指す

全国各地の「伝統的工芸品」をいわれるものは、現在大きな岐路に立たされています。
伝統的工芸品といわれるには、次の条件を満たしていなければならないのです。
工芸品であること
製造工程の主要部分が手工芸であること
伝統的技術または技法によって製造されていること
伝統的に使用されてきた原材料で製造されていること
一定の地域で産地形成していること
この要件をクリアし、産地高岡と共に発展していくことは、非常に難しい命題であります。
さらに、今日の社会は、量の時代から質の時代へ、また、モノの時代から心の時代へと変わりつつあります。
織田幸銅器は、インテリアのみならずエクステリアも含め、そうした時代に相応できる体制づくりを目指し、あらゆる可能性に挑戦し続けます。

 

代表取締役社長 織田 幸市

会社概要

会社名

株式会社織田幸銅器

代表

織田 幸市

創業

大正14年5月

法人改組

昭和46年6月

資本金

5,000万円

従業員

13名

取扱商品

  • 伝統工芸高岡銅器
  • 彫刻・工芸・作家作品
  • メタルクラフト・特注品
  • ギフト

アウトドア・ゴルフ・健康・電化製品・陶器・漆器・木製品・ガラス・インテリア・ ステーショナリー
バック・財布・ベルト・傘・繊維・石けん・入浴剤・ノベルティ等

所在地

〒933-0945 高岡市金屋本町3-34

TEL

0766-24-6154

FAX

0766-22-6152

沿革

昭和46年4月

織田幸銅器店創業

昭和58年4月30日

高岡地域地場産業センター竣工
ブロンズ像「平和観音」高さ12mを高岡市へ寄贈

昭和61年6月6日

新社屋完成

昭和63年5月20日

織田幸市、高岡銅器協同組合第16代理事長に就任

平成3年6月

織田幸銅器を、株式会社織田幸銅器に法人化
織田幸市、代表取締役社長に就任

平成5年4月30日

ギフト部門に参入

平成14年4月29日

織田幸市、黄綬褒章授与